PINNACLE POINT

ピナクル・ポイント / シンフォニー・オブ・マインド

RBNCD-1311

華麗なギターと流麗なヴァイオリンが美しいアレンジで乱舞するカンサス風プログ・ハード!

スティーヴ・ウォルシュ(ex-KANSAS)が2017年リリースしたラスト・アルバム『Black Butterfly』で、その美声ハイトーンにより一気に注目を集めたアメリカ人シンガー、ジェローム・マッツァ!古くはANGELICAの名盤『Walking In Faith』を始め、2018年にはメロディック・ロックに徹したソロ・アルバム『Outlaw Son』をリリースしたがその一方FATEやソロでも活躍のテクニカルなギタリスト、トーベン・エネヴォルドセンとPINNACLE POINTを結成し、1stアルバム『Winds Of Change』(2017年作品日本盤未発売)をリリース!この作品のバイオリンをフューチャーしKANSASの黄金時代サウンドに感化されたスタイルはジェロームのスティーヴ・ウォルシュ直系の歌声も相まって大きな話題となった。あれから3年・・・ここにニューアルバム『Symphony Of Mind』が堂々のリリース!ヴォーカリストとしてのジェロームの力量と作曲能力、そしてトーベンによる美しいアレンジと華麗なギターワークにより昇華され、さらに女流バイオリニスト、ヴァレリア・ポザリツカヤによる流麗なバイオリンが乱舞する楽曲群達のドラマティックさにファンも感涙必至!
日本盤ボーナストラックも収録! more » » »