STATION ステイション / And Time Goes On アンド・タイム・ゴーズ・オン~時を駆けるロックン・ロール~

RBNCD-1387

STATION ステイション / And Time Goes On ~時を駆けるロックン・ロール~ (RBNCD-1387)

販売価格(税別)
¥2,500
在庫状態 : 在庫有り
  • RELEASE : 2024/1/24
数量



摩天楼のニューヨークからメロディック・ハードの使者”ステイション”登場!

 

アメリカ合衆国はニューヨーク出身の、80’sアリーナ・ロックを体現するしなやかでエキサイティングな重要バンド、STATIONが5枚目のニューアルバム『And Time Goes On』で遂に本邦デビュー!全ての面で進化した傑作を引っ提げて世界的な躍進を狙う!


バンドは2011年にギタリストのクリス・レーンとヴォーカリストのパトリック・カーニーによってNYで結成。バンドのソングライティングとプロデュースはギターのクリス・レーンが担当している。2015年にデビュー作『Station』を、そして2018年の『Nore Than The Moon』、2019年の『Stained Glass』、2021年の『Perspective』とコンスタントなリリースを続け、今作『And Time Goes On』が通算5枚目のアルバムとなる。

デビュー時から一貫している80’sアリーナ・ロックへの回帰とメロディック・ハード路線を推し進め、多くのファンからの支持を得ており、同じアメリカ出身でかつて大人気を誇ったDANGER DANGERや、FIREHOUSE等の流れを組む、往年の”みんなが大好きだったハードロック”を現代に継承する貴重なバンドだ!エモーショナルで、カリスマ性もある稀有なヴォーカリスト、パトリック、とフラッシーで安定感抜群のギタリスト、クリス、を中心に、2018年からバンドに加入したエミ・アスタ(b)とトニー・バプティスト(dr)のリズム隊もバンドに大きな躍動を与えている。MVも制作されたリード・シングル「If You Want Me Too」を含むアルバムは80’s・アメリカン・ハード/LA メタルど真ん中な超ポジティヴでメロディアスな楽曲が満載!

日本盤ボーナストラックは1stアルバム『Station』に収録の「True Believer」の魂を込めたアコースティック・ヴァージョンを収録!

ライナー:歌詞・対訳付き パトリック・カーニー(vo) インタビュー掲載

 

1.Over & Over
 オ-ヴァー&オーヴァー 3:58
2.If You Want Me Too
 イフ・ユー・ウオント・ミー・トゥー 4:22
3.A Little Bit Of Love
 ア・リトル・ビット・オブ・ラヴ 5:31
4.Close My Eyes
 クローズ・マイ・アイズ 4:00
5.Touch
 タッチ 5:32
6.Locked Away
 ロックト・アウェイ 4:03
7.No Reason
 ノー・リーズン 5:19
8.Something In Between
 サムシング・イン・ビトゥイーン 4:03
9.Better Off Alone
 ベター・オフ・アローン 4:38
10.Around The Sound
 アラウンド・ザ・サウンド 4:48
11.And Time Goes On
 アンド・タイム・ゴーズ・オン 4:48
12.True Believer(acoustic) *
 トゥルー・ビリーヴァー(アコースティック) 3:16

`Bonus Track For Japan

Produced by Chris Lane
All Songs Written by Chris Lane

Lineup
Patrick Kearney – Lead Vocals, Backing Vocals
Chris Lane – Guitar, Backing Vocals
Emi Asta – Bass, Backing Vocals
Tony Baptist – Drums, Backing Vocals
Keyboards : Chris Lane

Engineered by Anthony Lapardo, Ray Mante, Chris Lane
Mastered by Ray Mante
Photography, Cover by Tesha Lane

Station – If You Want Me Too (Official Music Video)

Station – Close My Eyes (Official Lyric Video)

 

Station – Over & Over (Official Lyric Video)